検査業務検索
検査業務ご紹介
検査対象を
選択してください
独自開発
  • タンク目視検査ロボット
     i-ROBO 
  • 配管連続板厚測定装置
    (UDP-48)
  • 配管連続板厚測定装置
    (UDP-8)
  • タンク底板連続板厚測定装置
    (UDT-48)
  • 配管連続板厚測定装置
    (UDP-24)
  •  UDP-24 
    (側板、屋根板、煙突への適用)
  • 手動走査式連続板厚測定装置
    (UDP-M1)
  • 手動走査式連続板厚測定装置
    (UDP-M2)
  • 配管架台接触部減肉検査装置
    (U-ラック)
  • 熱交チューブ高速水浸式
    超音波肉厚測定装置
    (UTIS)
  •  UTIS 
    (ボイラーチューブへの適用)
  • フィルム画像処理システム
    (VIP/Win)
  • ハイパワーガイド波探傷装置
    (HPG)
  • マルチチャンネル式水浸UT装置
    (UTIS-MC12)
  • チューブ水浸式UT装置
    (UTIS-MR)
  • タンク目視検査ロボット
    i-ROBO

    タンク側板の補強部材溶接部近傍や、各種鋼構造物の目視検査ロボット操作・目視・記録は安全な地上から行え足場不要、自動走行・手動走行を遠隔切替自動走行機能搭載(自動ハンドル) 衝突回避機能搭載(自動ブレーキ)

    詳しく見る
  • 配管連続板厚測定装置
    (UDP-48)

    1回の走行で約500㎜幅の測定を可能とした、超音波連続板厚測定装置です。
    大径配管、タンク側板等の裏面腐食検査など、測定範囲が広い対象物を得意とします。

    詳しく見る
  • 配管連続板厚測定装置
    (UDP-8)

    小径配管の腐食検査を得意とする超音波連続板厚測定装置です。
    バッテリーを搭載したポータブル探傷器で、簡易的に減肉箇所を連続測定します。

    詳しく見る
  • タンク底板連続板厚測定装置
    (UDT-48)

    危険物保安技術協会の性能評価認定を取得した超音波連続板厚測定装置です。(平成24年1月16日 危評第0063号)
    最新のハードウェア、ソフトウェア技術によるUDT-24の後継機です。

    詳しく見る
  • 配管連続板厚測定装置
    (UDP-24)

    マグネットローラーで配管に吸着し、軸方向又は周方向にモーター駆動にて自動走行させる連続板厚測定装置です。

    詳しく見る
  • UDP-24
    (側板、屋根板、煙突への適用)

    配管だけでなくタンク側板、タンク屋根板、煙突等への適用も可能です。

    詳しく見る
  • 手動走査式連続板厚測定装置
    (UDP-M1)

    減肉が想定される同一線上の肉厚変化を確認するために開発した装置です。
    エンコーダにより減肉位置の特定も可能です。

    詳しく見る
  • 手動走査式連続板厚測定装置
    (UDP-M2)

    BCスコープ画像により、減肉の範囲を表示できる手動走査式連続板厚測定装置です。
    専用のデジタル超音波探傷器と方形走査機能を有する手動探触子走査機で構成されています。

    詳しく見る
  • 配管架台接触部減肉検査装置
    (U-ラック)

    配管をジャッキアップすることなく架台接触部の外面腐食を点検する装置です。

    詳しく見る
  • 熱交チューブ高速水浸式
    超音波肉厚測定装置
    (UTIS)

    高速で熱交チューブ内外面の減肉を確認するシステムです。
    チューブ全長のデータ保存や減肉カラーマッピングの出力も可能です。

    詳しく見る
  • UTIS
    (ボイラーチューブへの適用)

    チューブ内面エコー及び外面エコーに関する独自の幅広い感度調整機能により、超音波の減衰が大きい厚肉管のボイラーチューブへの適用も可能になりました。

    詳しく見る
  • フィルム画像処理システム
    (VIP/Win)

    放射線検査により撮影したフィルムの画像をデジタイザを通してパソコンに取り込み、配管腐食部の肉厚やスラッジ堆積厚さを正確に測定するWindows版のフィルム解析システムです。

    詳しく見る
  • ハイパワーガイド波探傷装置
    (HPG)

    石油・化学プラントの配管設備など、広範囲における減肉の調査に適しています。
    1回の測定で配管全面のスクリーニング検査が可能なガイド波探傷装置です。

    詳しく見る
  • マルチチャンネル式水浸UT装置
    (UTIS-MC12)

    複数のプローブを備えており、測定速度の向上を実現。
    先端部構造がシンプルなため、曲管部の通過性が向上しました。

    詳しく見る
  • チューブ水浸式UT装置
    (UTIS-MR)

    超音波によりチューブ内面から残肉厚を正確に測定できる装置です。
    タービン先端の反射ミラーで管壁に超音波を送受信します。水圧によってタービンが高速回転し、ミラーも同時に回転することで全周のデータが得られます。

    詳しく見る