検査業務検索
検査業務ご紹介
検査対象を
選択してください
独自開発
  • 配管連続板厚測定装置
    (UDP-48)
  • 配管連続板厚測定装置
    (UDP-8)
  • 配管連続板厚測定装置
    (UDP-24)
  •  UDP-24 
    (側板、屋根板、煙突への適用)
  • 手動走査式連続板厚測定装置
    (UDP-M1)
  • 手動走査式連続板厚測定装置
    (UDP-M2)
  • 配管架台接触部減肉検査装置
    (U-ラック)
  • フェーズドアレイ
    超音波探傷装置
  • ラジオグラフィック
    リアルタイムシステム
    (DREAMS)
  • デジタル放射線
    検査システム(CR)
  • フィルム画像処理システム
    (VIP/Win)
  • 中性子水分計
  • 熱処理
    (予熱、焼鈍)
  • ハイパワーガイド波探傷装置
    (HPG)
  • 3Dスキャナー
  • 携帯式保温配管RT装置
    (CUI-Vision)
  • ラインセンサ式配管RT装置
    (ラインスキャナ)
  • RT・UT・MT・PT
  • 配管連続板厚測定装置
    (UDP-48)

    1回の走行で約500㎜幅の測定を可能とした、超音波連続板厚測定装置です。
    大径配管、タンク側板等の裏面腐食検査など、測定範囲が広い対象物を得意とします。

    詳しく見る
  • 配管連続板厚測定装置
    (UDP-8)

    小径配管の腐食検査を得意とする超音波連続板厚測定装置です。
    バッテリーを搭載したポータブル探傷器で、簡易的に減肉箇所を連続測定します。

    詳しく見る
  • 配管連続板厚測定装置
    (UDP-24)

    マグネットローラーで配管に吸着し、軸方向又は周方向にモーター駆動にて自動走行させる連続板厚測定装置です。

    詳しく見る
  • UDP-24
    (側板、屋根板、煙突への適用)

    配管だけでなくタンク側板、タンク屋根板、煙突等への適用も可能です。

    詳しく見る
  • 手動走査式連続板厚測定装置
    (UDP-M1)

    減肉が想定される同一線上の肉厚変化を確認するために開発した装置です。
    エンコーダにより減肉位置の特定も可能です。

    詳しく見る
  • 手動走査式連続板厚測定装置
    (UDP-M2)

    BCスコープ画像により、減肉の範囲を表示できる手動走査式連続板厚測定装置です。
    専用のデジタル超音波探傷器と方形走査機能を有する手動探触子走査機で構成されています。

    詳しく見る
  • 配管架台接触部減肉検査装置
    (U-ラック)

    配管をジャッキアップすることなく架台接触部の外面腐食を点検する装置です。

    詳しく見る
  • フェーズドアレイ
    超音波探傷装置

    プローブが複数の振動素子から構成され、電気的に位相制御することで、きずを断面表示にて確認することが可能です。

    詳しく見る
  • ラジオグラフィック
    リアルタイムシステム
    (DREAMS)

    読取装置(フラットパネル)にX線又はγ線を照射して取得した撮影データを、パソコンへ送信し画像観察する装置です。
    作業は撮影、画像処理の2ステップとなります。

    詳しく見る
  • デジタル放射線
    検査システム(CR)

    イメージングプレート(IP)を使用し、蓄積された放射線画像情報をデジタル化します。
    これにより常に安定した画質を提供することが可能となりました。

    詳しく見る
  • フィルム画像処理システム
    (VIP/Win)

    放射線検査により撮影したフィルムの画像をデジタイザを通してパソコンに取り込み、配管腐食部の肉厚やスラッジ堆積厚さを正確に測定するWindows版のフィルム解析システムです。

    詳しく見る
  • 中性子水分計

    中性子が水分によって減速し熱中性子化することを利用して、熱中性子を測定することで水分を検出する方式の水分計です。
    保温配管等で外面腐食の原因となる保温材中の水分を検出できます。

    詳しく見る
  • 熱処理
    (予熱、焼鈍)

    発電所や各種プラント及び工場において残留応力除去、軟化、組織改善を目的とした熱処理を施工します。
    ※保有台数:低周波誘導加熱装置1台 , 高周波誘導加熱装置35台 , 電気抵抗加熱装置120台

    詳しく見る
  • ハイパワーガイド波探傷装置
    (HPG)

    石油・化学プラントの配管設備など、広範囲における減肉の調査に適しています。
    1回の測定で配管全面のスクリーニング検査が可能なガイド波探傷装置です。

    詳しく見る
  • 3Dスキャナー

    多数の点群データを取得し、3次元の座標情報を持つ点群データを作成します。
    実寸データを活用して、配管アイソメ図作成や機器配置シミュレーションができます。

    詳しく見る
  • 携帯式保温配管RT装置
    (CUI-Vision)

    低エネルギーX線を用いてリアルタイムに撮影・動画確認ができるイメージングシステムです。
    保温配管の錆こぶ有無が確認できる他、樹脂配管・木材製品の内部が可視化できます。

    詳しく見る
  • ラインセンサ式配管RT装置
    (ラインスキャナ)

    放射線を用いて連続的に撮影ができるカラーイメージングスキャナです。
    保温配管の保温を解体せずに減肉状況がスクリーニングできます。

    詳しく見る