検査業務検索
検査業務ご紹介
検査対象を
選択してください
独自開発

放射線透過試験
(Radiographic Testing)

放射線を試験体に照射し、内部の状況を試験体背面に配置したフィルムやフラットパネルで
撮影します。その撮影画像の濃淡により試験体内部のきず、形状等を調べる方法です。

特徴

  • 放射線の照射方向に平行なきずを検出しやすい。
    空洞のような球状のきずの検出に優れる。
  • 配管等の詰まり等の状況確認に適用できる。
  • 金属材料以外(ゴムや木材など)にも適用できる。
  • フィルムとして検査結果が得られるため、記録の保存性に優れる。
  • 放射線の取扱いに関する安全管理が必要

適用範囲

  • 各種プラント・発電設備(配管、圧力容器等)
  • 橋梁
  • 船舶
  • コンクリート
  • 文化財
  • 小型部品

適用例

  • 配管撮影結果
  • ゴム継手部(t30)撮影結果
DREAMS使用。詳しくはこちら。